弁理士試験フレーズドライ勉強法

弁理士試験に短期合格♪語呂合わせで条文番号や趣旨を記憶しましょう。

今から半年で短答試験に合格できるか?

短答式筆記試験は、弁理士試験の最初の関門です。
しかも、今年度実績で合格率8.9%と、最大の難関です。

では、今から勉強して半年後、来年度の短答試験に合格できるか?
条件次第ですけど、YESです。 

4カ月はちょっと無理かな?と思いますが、半年なら条件次第でしょう。

私の例で申し訳ないですけど、勉強開始したのが平成24年12月3日(月)です。
12月2日(日)が管理業務主任者試験で、その翌日から勉強開始しました。
そして、短答試験が平成25年5月26日(日)。
この半年間で、ぎりぎり39点の合格!
なお、平成25年の短答合格率は9.2%で、今年度並みの難関年でした。

合格できたのは、もちろん幸運もありますが、下記のような好条件があったと考えています。

①勉強できる環境にあった
 たまたま単身赴任中で家族にも邪魔されず、通勤時間も片道15分。
 しかも不況で仕事量もなく、毎日19時には家に帰れました。
 2~3週間に一度は帰省していましたけど、それ以外は勉強三昧(^^)
 たぶん、月に80~100時間は勉強できたと思います。

②試験を受けるモチベーションが高かった
 会社はリストラ真っ盛り・・・
 単身赴任も辛いし、ここは何とかせねば!
 という逆境脱出の切り札として、弁理士資格にすべてを賭けました。
 (おかげさまで脱出~♪)

③勉強法が良かった
 過去問集を10年分、2回転させました。
 そして、PATECHの4法対照ノートの余白に知識を集約させ、条文ベースで勉強しました。
 合格体験記や納富先生の本を読んで、この学習法を決めました。
 独学であったのも、受験機関への通学時間がなく、自分のペースで勉強できて良かったのでは?
 (論文試験の独学は無理ですけど、短答試験は独学のほうが有利と思う)
 
 ついでに。PATECHの4法対照ノートの良さは、余白が多いことです。
 4法を対照できることのメリットは、さほどないと思います。
 あまりお勧めできる学習法ではありません。

④少しはベースの知識があった
 たしか、平成20年度に知財検定2級を勉強して取得していました。
 そのときに弁理士短答試験も(冗談で)受験し、撃沈しています。
 この程度の知識でも、2~3週間のアドヴァンスはあったのかな?


現実的には、ハードな仕事をこなし、子育てもしながらの勉強をしている方が多いと思います。
ですから、月に80時間以上の勉強は、なかなか難しいでしょう。
一方、勉強法に関しては、良いテキストを使えば効率が全然違います。
集中できる勉強時間を月に60時間も確保できれば、半年で合格できる!
私は、そう思っています。

まだ間に合う。来年度の短答試験に合格できる。
そう信じて、勉強してみませんか?


----------------------------------------------------------
★ 短答試験突破は、青短で! ★
 ⇒ テキスト一覧へ
  ①青短~短答試験・逐条解説
  ②フレーズドライ勉強法~趣旨問題記憶(論文試験用)
    ※全て、年度更新版の無償アップグレードあり

★弁理士受験生必携!『経済産業省令』等を併記し、イライラ解消の法文集です。
 ⇒無料!『読み易い♪四法条文集』
----------------------------------------------------------
☆日本ブログ村 弁理士試験(資格) 人気ランキング ☆ @2017/07/08
 第1位 弁理士試験フレーズドライ勉強法 ←←← わたしです。頑張ってます! 
 第2位 今日も重馬場~弁理士馬場信幸のブログ ←←← LEC講師の弁理士講義♪
 第3位 タコ弁の蛸壺ファイル ←←← 女性弁理士タコ先生が独立!
 第11位 H28弁理士試験初学一発合格者 ←←← 無茶?な人生から脱出なるか!?

© 2017 弁理士試験テキストのフレーズドライ・ゼミナール All rights reserved

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する