弁理士試験フレーズドライ勉強法

弁理士試験に短期合格♪語呂合わせで条文番号や趣旨を記憶しましょう。

[短答逐条解説]第5条1項、2項

倍速以上の効率で、弁理士短答式筆記試験の勉強ができます。 
10年分を条項順、枝別に学習できる過去問集&テキストです。
『短答式筆記試験・逐条解説(青短)』
 

無料ダウンロード⇒ ★青短~特許法_vol.1, vol.2
 ⇒ 製本版へ 
----------------------------------------------------------
★★☆☆☆☆☆☆☆☆
(期間の計算)第5条第1項は、星2個。
平成24年と平成18年に出題があります。


実は、H27改正で第5条第3項が追加されています。
そういう意味からも、期間関係の第3条から第5条は、今年度必出と考えます。

では、第5条第1項の過去問を紹介します。

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
〔H24-51〕 特許法に規定する手続に関して。
(ホ) 審査官は、特許法の規定により手続をすべき期間を指定したときは、
請求により又は職権で、その期間を延長することができる。

(○) 第5条。特許庁長官、審判長又は審査官ができる。審判官はできない。

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
〔H18-5〕 特許法又は実用新案法に規定する期間に関して。
(ニ) 審査官が、特許出願人に対し、拒絶の理由を通知し、相当の期間を指定して、
意見書を提出する機会を与えた場合、
特許庁長官は、特許法の規定により職権でその期間を延長することができる。

(×) 審査官が指定した期間の延長は、審査官のみが延長することが出来る。 

★☆☆☆☆☆☆☆☆☆
(期間の計算)第5条第2項は、星1個。
平成24年に出題があります。

※テキストでは★を2個つけてました。いずれ修正します。

では、第5条第2項の過去問を紹介します。

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
〔H24-51〕 特許法に規定する手続に関して。
(イ) 特許庁長官は、特許法の規定により期日を指定したときは、
請求により又は職権で、その期日を変更することができる。

(×) 第5条第2項の規定により、審判長である。

----------------------------------------------------------
★ フレーズドライ勉強法を製本してみませんか?
 ⇒『製本したら、めっちゃきれいで感動しました!』

★ 弁理士試験テキストの新標準~フレーズドライ・ゼミナール~ ★
 ⇒ テキスト一覧へ
  ① 条文番号の語呂合せ記憶~特・実・意・商 ★無料です
  ② フレーズドライ勉強法~趣旨問題記憶(A5版)
  ③ 分冊の法文集シリーズ(B5版)
  ④ 分冊の青本(工業所有権法逐条解説)シリーズ(B5版)

☆日本ブログ村 弁理士試験(資格) 人気ランキング ☆ @2015/08/21
 第1位 弁理士試験フレーズドライ勉強法 ←←← わたしです。頑張ってます! 
 第2位 論文サプリ ←←← 目白ゼミの先生です。
 第3位 タコ弁の蛸壺ファイル ←←← 女性弁理士タコ先生のかわいいブログ
 第4位 今日も重馬場~弁理士馬場信幸のブログ ←←← LEC講師の弁理士講義♪ 
 第5位 弁理士試験のホントのところ ←←← 受験生の役に立つ内容です。一度、読んでください。  

☆日本ブログ村 弁理士(士業) 人気ランキング ☆ @2015/08/21
 第9位 弁理士 納富美和のすっぴんブログ ←←← LECのカリスマ女性講師♪

© 2016 弁理士試験テキストのフレーズドライ・ゼミナール All rights reserved

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する