弁理士試験フレーズドライ勉強法

弁理士試験に短期合格♪語呂合わせで条文番号や趣旨を記憶しましょう。

政令と短答~H21-問15(5)

今回紹介するのは、昨日に引き続き第8条の在外者に関する問題です。

ここでは、「在外者」の例外が問われています。
「政令に定める場合」を知らなければ、正解は困難です。

しかし、いつも思うのですが、、、「政令で定める」のはやめて欲しい。
特許法施行規則だけならまだしも、特許法施行令だの特許登録令だの、
そんなん知らんわ!と言いたい。
せめて「政令」でなく、きちんと名称と条文番号を書いて欲しいです。

ということで、第8条第1項の、「政令で定める場合を除き」の政令は、これです。
《参考: 特許法施行令》
第一条 特許法第八条第一項 の政令で定める場合は、
特許管理人を有する在外者(法人にあつては、その代表者)が
日本国に滞在している場合とする。


(在外者の特許管理人)
第八条  日本国内に住所又は居所(法人にあつては、営業所)を有しない者(以下「在外者」という。)は、
政令で定める場合を除き、
その者の特許に関する代理人であつて日本国内に住所又は居所を有するもの(以下「特許管理人」という。)によらなければ、
手続をし、又はこの法律若しくはこの法律に基づく命令の規定により行政庁がした処分を
不服として訴えを提起することができない。


□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
〔H21-15〕 特許法に規定する手数料等に関して。
5 在外者甲が、特許管理人により、平成20年4月1日(火)に特許出願をするとともに
当該特許出願について出願審査の請求をし、その手数料を納付したが、
特許法第195条第9項に規定する命令、通知又は査定の謄本の送達を受けることなく、
平成20年9月1日(月)に当該特許出願を取り下げた場合、
甲が日本国内に滞在しているときであっても、甲は、特許管理人によらなければ、
平成21年2月27日(金)に出願審査の請求の手数料の返還を請求することができない。

(×) 特許法施行令第1条より、在外者が日本国に滞在している場合は特許管理人によらなくても、
本人が手続きをすることができるので誤り。
返還関係の記載は、第195条第9項、第10項より、正しい。

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

----------------------------------------------------------
★ フレーズドライ勉強法を製本してみませんか?
 ⇒『製本したら、めっちゃきれいで感動しました!』

★ 弁理士試験テキストの新標準~フレーズドライ・ゼミナール~ ★
 ⇒ テキスト一覧へ
  ① 条文番号の語呂合せ記憶~特・実・意・商 ★無料です
  ② フレーズドライ勉強法~趣旨問題記憶(A5版)
  ③ 分冊の法文集シリーズ(B5版)
  ④ 分冊の青本(工業所有権法逐条解説)シリーズ(B5版)

☆日本ブログ村 弁理士試験(資格) 人気ランキング ☆ @2015/08/21
 第1位 弁理士試験フレーズドライ勉強法 ←←← わたしです。頑張ってます! 
 第2位 論文サプリ ←←← 目白ゼミの先生です。
 第3位 タコ弁の蛸壺ファイル ←←← 女性弁理士タコ先生のかわいいブログ
 第4位 今日も重馬場~弁理士馬場信幸のブログ ←←← LEC講師の弁理士講義♪ 
 第5位 弁理士試験のホントのところ ←←← 受験生の役に立つ内容です。一度、読んでください。  

☆日本ブログ村 弁理士(士業) 人気ランキング ☆ @2015/08/21
 第9位 弁理士 納富美和のすっぴんブログ ←←← LECのカリスマ女性講師♪

© 2016 弁理士試験テキストのフレーズドライ・ゼミナール All rights reserved

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する