弁理士試験フレーズドライ勉強法

弁理士試験に短期合格♪語呂合わせで条文番号や趣旨を記憶しましょう。

[第26条の2] 第2項(関連意匠の消滅後の移転)の規定内容

【趣旨など】
 [第26条の2] 第2項(関連意匠の消滅後の移転)の規定内容
【出典】
 意匠法 第26条の2 第2項
【フレーズドライ】
 浮浪児(26条の2)の 移転の請求 関連は いずれか消滅 初めからのみ
【解凍】 
 (原文のまま)
【原文】
(意匠権の移転の特例)
第二十六条の二  
2  本意匠又は関連意匠の意匠権についての前項の規定による請求は、
本意匠又は関連意匠の意匠権のいずれかの消滅後は、
当該消滅した意匠権が第四十九条の規定により
初めから存在しなかつたものとみなされたときを除き、することができない。

《参考:青本 意匠法 第26条の2 page-1129》
本意匠及び関連意匠のうち一部の意匠権のみが冒認出願等であった場合に、
仮に一部の意匠権についてのみ
真の権利者(意匠登録を受ける権利を有する者)による移転請求を認めると、
結果的に二以上の者に重複した権利の登録がなされることとなるため、
このような重複的な権利の登録を防止する必要がある。
この点、二二条では、本意匠及び関連意匠の意匠権は、
分離して移転することができないこととされており、基本的には、
真の権利者に、本意匠及び関連意匠のうち一部の意匠権のみが移転されることにより、
二以上の者に重複した権利の登録がなされることはない。
しかし、例えば、本意匠又は関連意匠の中に、
放棄されて消滅した意匠権があるような場合、残りの全ての意匠権について移転請求が認められ、
真の権利者が登録時に遡って意匠権者となれば、
放棄された意匠権が過去に存在していたときの意匠権者は冒認者等のままであるため、
放棄されるまでの期間は二以上の者に重複した意匠権が存在していたこととなる。
そこで、本項では、このように過去分について重複した意匠権の登録が生じることを防止するため、
本意匠又は関連意匠の意匠権のいずれかの消滅後は、
当該意匠権が四九条の規定により初めから存在しなかったものとみなされたときを除き、
移転請求ができないこととした。

----------------------------------------------------------
★ フレーズドライ勉強法を製本してみませんか?
 ⇒『製本したら、めっちゃきれいで感動しました!』

★ 弁理士試験テキストの新標準~フレーズドライ・ゼミナール~ ★
 ⇒ テキスト一覧へ
  ① 条文番号の語呂合せ記憶~特・実・意・商 ★無料です
  ② フレーズドライ勉強法~趣旨問題記憶(A5版)
  ③ 分冊の法文集シリーズ(B5版)
  ④ 分冊の青本(工業所有権法逐条解説)シリーズ(B5版)

☆日本ブログ村 弁理士試験(資格) 人気ランキング ☆ @2015/08/21
 第1位 弁理士試験フレーズドライ勉強法 ←←← わたしです。頑張ってます! 
 第2位 論文サプリ ←←← 目白ゼミの先生です。
 第3位 タコ弁の蛸壺ファイル ←←← 女性弁理士タコ先生のかわいいブログ
 第4位 今日も重馬場~弁理士馬場信幸のブログ ←←← LEC講師の弁理士講義♪ 
 第5位 弁理士試験のホントのところ ←←← 受験生の役に立つ内容です。一度、読んでください。  

☆日本ブログ村 弁理士(士業) 人気ランキング ☆ @2015/08/21
 第9位 弁理士 納富美和のすっぴんブログ ←←← LECのカリスマ女性講師♪

☆日本ブログ村 中小企業診断士(資格) 人気ランキング ☆ @2015/09/21
 第3位 中小企業診断士試験~資格7冠王に挑戦 ←←← 私の別宅です

© 2015 弁理士試験テキストのフレーズドライ・ゼミナール All rights reserved

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する