弁理士試験フレーズドライ勉強法

弁理士試験に短期合格♪語呂合わせで条文番号や趣旨を記憶しましょう。

[第5条] 第5条第3号を設けた趣旨は?

★ フレーズドライ勉強法を製本してみませんか?
 ⇒『製本したら、めっちゃきれいで感動しました!』

---------------------------------------------------------------
【趣旨など】
 [第5条] 第5条第3号を設けた趣旨は?
【出典】
 ①青本 意匠法 第5条 page-1080
 ②改正本 H10年 page-42
【フレーズドライ】
 不可欠は 経済活動 技術思想 部分意匠と TRIPS25条
【解凍】 
 物品の機能を確保するために不可欠な形状のみからなる意匠に意匠権が設定することは、意匠法が保護を予定してない技術的思想の創作に対して排他権を設定することになり、第三者の経済活動を不当に制限してしまう。
また、TRIPS二五条でもこのような規定は認められており、部分意匠を認めることでこのような事例が増加することが考えられることから、規定を設けた。
【原文】
①青本
物品の機能を確保するために不可欠な形状のみからなる意匠に意匠権が設定されると、第三者がその機能を有する物品を実施しようとする場合、この意匠権の侵害になってしまうため、経済活動を不当に制限し、かえって産業発展を阻害する要因になりかねないことに基づくものである。
また、諸外国等においても、TRIPS二五条の規定において、物品の機能を確保するために不可欠な形状を保護対象から除外することは加盟国の任意で定めてよいことになっており、実際に多数の国等(イギリス、フランス、欧州共同体商標意匠庁、韓国)が機能にのみ基づく意匠を保護対象から除外しているところである。
②改正本 H10年 page-42
技術的、機能的観点から必然的に導かれた形状であって、実質的に美的な創作がなされていない創作が意匠法により保護されることになると、意匠法が保護を予定してない技術的思想の創作に対して排他権を付与することと同様の結果を招く可能性がある。
 このような弊害は、今回の改正において物品の部分に係る意匠を保護対象とすることにより、一層顕在化する可能性がある。


----------------------------------------------------------
★ 弁理士試験テキストの新標準~フレーズドライ・ゼミナール~ ★
 ① 条文番号の語呂合せ記憶~特・実・意・商 ※無料
 ② フレーズドライ~特許法趣旨問題(前半)』 ※無料
 ③ フレーズドライ~特許法趣旨問題 ※1000円  ⇒目次へ
 ④ フレーズドライ~意匠法趣旨問題 ※1000円  ⇒目次へ
 ⑤ フレーズドライ~商標法趣旨問題 ※1000円  ⇒目次へ

☆日本ブログ村 弁理士試験(資格) 人気ランキング ☆ @2015/07/25
 第1位 弁理士試験フレーズドライ勉強法 ←←← わたしです。頑張ってます! 
 第2位 論文サプリ ←←← 目白ゼミの先生です。
 第3位 タコ弁の蛸壺ファイル ←←← 女性弁理士タコ先生のかわいいブログ
 第4位 今日も重馬場~弁理士馬場信幸のブログ ←←← LEC講師の弁理士講義♪ 
 第6位 弁理士試験のホントのところ ←←← 受験生の役に立つ内容です。一度、読んでください。  

☆日本ブログ村 弁理士(士業) 人気ランキング ☆ @2015/07/25
 第7位 弁理士 納富美和のすっぴんブログ ←←← LECのカリスマ女性講師♪

© 2015 弁理士試験テキストのフレーズドライ・ゼミナール All rights reserved

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する