弁理士試験フレーズドライ勉強法

弁理士試験に短期合格♪語呂合わせで条文番号や趣旨を記憶しましょう。

4月18日は発明の日

本日4月18日は、『発明の日』だそうです。
といっても、だれが盛り上がるわけでもなく、どうでもよい話ですが。
日本弁理士会から、”発明の日を国民の休日に♪”なんてロビー活動はできないものでしょうか?
なんせ、弁理士の一般知名度は低いですから。。。

発明の日の数少ない恩恵として、発明推進協会が書籍バザールしてます。
発明の日記念 書籍バザール
【通信販売】 平成27年4月13日 (月)~24日 (金)まで
目玉商品は、これですね。
★工業所有権法(産業財産権法)逐条解説〔第19版〕
¥8640 ⇒ ¥6000


特許庁のホームページによると、由来は下記のとおりです。
『1885年(明治18年)4月18日に、現在の特許法の前身である「専売特許条例」が
初代特許庁長官を務めた高橋是清らによって公布された日』
高橋是清さんが初代特許庁長官でした!なんて、クイズ番組にもでませんよね、、、

うちの父親がよく、『それは○○さんの専売特許だ』という表現を使ってました。
ながらく、専売特許という言葉の語源を知らなかったのですけど、
この「専売特許条例」が語源なんですね。
オンライン辞書で”専売特許”調べてみると、こういうことでした。
1 特許の旧称。
2 その人だけが得意とする技術・方法など。
  特技。おはこ。「古い歌謡曲なら彼の―だ」

THE PATENT SYSTEM ADDED THE FUEL OF INTEREST TO THE FIRE OF GENIUS.
「特許制度は、天才の火に、利益という油を注いだ」
とは、リンンカーンの言葉だそうで、吉藤のPAGE-4に載っています。
いろいろと調べてみると、原文はこうみたいです。
Next came the Patent laws.
These began in England in 1624; and, in this country, with the adoption of our constitution.
Before then [these?], any man might instantly use what another had invented;
so that the inventor had no special advantage from his own invention.
The patent system changed this;
secured to the inventor, for a limited time, the exclusive use of his invention;
and thereby added the fuel of interest to the fire of genius,
in the discovery and production of new and useful things.

弁理士にも、”利益という油を注い”で欲しいですね。
短答試験の追い込み、頑張ってください。


☆日本ブログ村 弁理士試験(資格) 人気ランキング ☆ @2015/04/11
 第1位 弁理士試験フレーズドライ勉強法 ←←← わたしです。頑張ってます! 
 第2位 タコ弁の蛸壺ファイル ←←← 女性弁理士タコ先生のかわいいブログ
 第3位 論文サプリ ←←← 目白ゼミの先生です。
 第6位 今日も重馬場~弁理士馬場信幸のブログ ←←← LEC講師の弁理士講義♪ 

☆日本ブログ村 弁理士(士業) 人気ランキング ☆ @2015/04/11
 第1位 弁理士試験フレーズドライ勉強法 ←←← わたしです。頑張ってます!
 第2位 弁理士アッカーの運任せ人生 ←←← 独立弁護士先生の苦労がにじむ
 第3位 彩の国を愛する弁理士のブログ ←←← いつも楽しく読ませて頂いています
 第7位 弁理士 納富美和のすっぴんブログ ←←← LECのカリスマ女性講師♪



★★★ 中小企業診断士ブログを開設しました ★★★ 
 『中小企業診断士試験~資格7冠王に挑戦』 


© 2015 弁ゴロK All rights reserved

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する