弁理士試験フレーズドライ勉強法

弁理士試験に短期合格♪語呂合わせで条文番号や趣旨を記憶しましょう。

特許庁が弁理士試験用の法文集を発注しました

特許庁のホームページにこんな記事が。

『平成27年度弁理士試験必須科目用・選択科目用・口述試験用法文の作成のための一般競争入札公告』
平成27年度弁理士試験必須科目用・選択科目用・口述試験用法文の作成
弁理士試験必須科目用法文 2,400部
弁理士試験選択科目用法文 500部
弁理士試験口述試験用法文 400部

google検索すると、昨年の馬場先生のブログにこんな記事がありました。
⇒今日も重馬場

平成26年度弁理士試験用法文及び弁理士試験選択科目用法文
弁理士試験用法文 3,600部
弁理士試験選択科目用法文 570部

平成25年度弁理士試験用法文及び弁理士試験選択科目用法文
弁理士試験用法文3,800部
弁理士試験選択科目用法文570部

今年度の特徴はまず、必須科目用法文と口述用の法文集が分かれていることです。
これはたぶん、ハーグ協定関連で原稿が間に合わないのかなと推定されます。
また、
弁理士試験口述試験用法文 400部
とありますが、これは受験者に配布するものではないので、8レーン*3科目の
試験官と受験者用机、日数分でしょう。
ま、必須科目用法文と口述用の法文集と合わせて2800部です。

つまり、法文集の発注部数はこんな推移になります。
 平成25年:3800部⇒平成26年:3600部⇒平成27年2800部

口述分を適当に差し引くと、弁理士試験必須科目用法文集の数はこんな感じでしょう。
 平成25年:3200部⇒平成26年:3100部⇒平成27年2400部

以前のブログで、今年度の受験者数などを推定しました。
減少傾向にあることは、法文集の発行部数から見ても明らかです。
今年度は短答試験の合格率が上がるかも?みたいな楽観的な考えは捨てたほうが良さそうです。
⇒本年度の最終合格者は225人と推定









H30推定H27推定H26年度H25年度H24年度H23年度H22年度
①試験志願者数4200560062167528793087359915
②短答受験者数3500450046744734525563776582
③短答合格者数35045055043413741934899
④論文受験者数65080012631979285129883093
⑤論文合格者数165200358490837715822
⑥口述受験者数200300485825113410061048
⑦最終合格者数150225385715773721756



☆日本ブログ村 弁理士試験(資格) 人気ランキング ☆ @2015/03/21
 第1位 弁理士試験フレーズドライ勉強法 ←←← わたしです。頑張ってます! 
 第2位 タコ弁の蛸壺ファイル ←←← 女性弁理士タコ先生のかわいいブログ
 第3位 論文サプリ ←←← 目白ゼミの先生です。
 第6位 今日も重馬場~弁理士馬場信幸のブログ ←←← LEC講師の弁理士講義♪ 

☆日本ブログ村 弁理士(士業) 人気ランキング ☆ @2015/03/21
 第1位 弁理士試験フレーズドライ勉強法 ←←← わたしです。頑張ってます!
 第2位 弁理士アッカーの運任せ人生 ←←← 独立弁護士先生の苦労がにじむ
 第3位 彩の国を愛する弁理士のブログ ←←← いつも楽しく読ませて頂いています
 第7位 弁理士 納富美和のすっぴんブログ ←←← LECのカリスマ女性講師♪



★★★ 中小企業診断士ブログを開設しました ★★★ 
 『中小企業診断士試験~資格7冠王に挑戦』 


© 2015 弁ゴロK All rights reserved

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する