弁理士試験フレーズドライ勉強法

弁理士試験に短期合格♪語呂合わせで条文番号や趣旨を記憶しましょう。

青短で解く!不正競争防止法H29-6

不正競争防止法は、短期間で得点源にできる!
青短を作成しながら、あらためて感じました。
やっぱり、著不で8点~10点取るのが、短答試験合格への近道です。
特・実で、12点→13点に実力を引き上げる時間があれば、
その時間で著不の実力を5点→9点に上げられると思うのです。
だから。
特・実は12点の実力で勉強をストップすべきだと、あえて、私は主張します。 
特に、不正競争防止法は論点が限られていて簡単です。
では、過去問を振り返ってみます。

【著作権法・不正競争防止法】 6
食品会社である甲社は、独自に開発したスパイスの製造方法Aを秘密管理しており、製造方法Aは公然と知られていない。不正競争防止法上の不正競争に関し、次のうち、最も適切なものは、どれか。
1 乙が、甲社の従業員を強迫して、製造方法Aを聞き出した。乙がその情報を丙に開示する行為は、丙に秘密保持義務を課している限り、不正競争とならない。
2 乙が、甲社の従業員を強迫して製造方法Aを聞き出し、その方法を使ってスパイスを製造する行為は、そのスパイスを販売しない限り、不正競争とならない。
3 乙は、甲社の工場に無断で侵入し、商品庫に保管されていたスパイスを窃取した。そのスパイスが、製造方法Aを使用して製造された物である場合、甲社は、乙が当該スパイスを第三者に譲渡する行為を差し止めることができる。
4 甲社の従業員乙は、秘密保持契約に基づき、甲社から製造方法Aの開示を受けた。乙は、その情報を丙に開示した。乙に、不正の利益を得る目的や、甲社に損害を加える目的がない場合であっても、乙の開示行為は不正競争となる。
5 甲社の従業員乙は、秘密保持契約に基づき、甲社から製造方法Aの開示を受けた。乙は、その情報を丙に開示した。丙が、乙が秘密保持義務に違反して開示していることを知っていた場合には、丙の取得行為は不正競争となる。

(答) 5

《過去問との比較》
◆枝1
 根拠条文は、第2条1項4号かっこ書です。かっこ書が論点になったのは、過去11年間で初めて。
 しかし、「丙に秘密保持義務を課している限り、不正競争とならない。」なんて、常識的おかしいですよね?
 頻出条文なので、ちゃんと全角度からの出題に備えること。あとは常識で解く。
 余裕で×。

◆枝2
 根拠条文は、第2条1項4号です。この論点も過去11年間で初めてですが、枝1と同じく条文レベルの問題です。
 問題となる行為は、①取得、②使用、③開示です。このフレーズでガッチリです。
 ▼ 秘密なら 取得しよう(使用)ぜ 開示前 自分と他人 前後に知って ▼
 余裕で×。

◆枝3
 根拠条文は、第2条1項4号です。この論点も過去11年間で初めて。
 しかし、、、営業秘密は「スパイスの製造方法」なんだし、そのスパイスってどこでも入手できますよね!?
 常識的に×。

◆枝4
 根拠条文は、第2条1項7号です。この論点はメジャーで、H26とH19に出題されています。
 正当に入手した情報の開示が不正競争行為になるのは、図利加害目的が必要です。
 このフレーズでガッチリです。
 ▼ 秘密なら 重過失でも 不正と知って 正当開示は 図利加害のみ 
 余裕で×。

◆枝5
 根拠条文は、第2条1項8号です。8号からの出題は、過去11年間で初めてです。
 しかし、営業秘密の規定は4号から10号までしかなく、当然、8号の出題は想定すべき。
 過去問集だけやってると、『重要条文なのに、出題されてない条文』の勉強が抜けます。
 やはり、条文ベースで、過去に出題された条文と同等に重要な条文はカバーすべき。
 ちゃんと勉強しておけば、余裕で〇。

《青短で正解できたか?》
枝4以外は、過去問の論点だけではカバーできていません。
そういう意味では、難易度は高かったのかも?
しかしながら、すべて条文レベルの問題です。

通常の過去問集を解いていただけでは、ちょっと難しかった問題だったと思います。
でも、青短なら条文レベルの理解を向上させる仕掛けがたくさんあります。
こういう問題は、確実にゲットできたはずです。

安心してください。解けますよ!

----------------------------------------------------------
★ 短答試験突破は、青短で! ★
 ⇒ テキスト一覧へ
  ①青短~短答試験・逐条解説
  ②フレーズドライ勉強法~趣旨問題記憶(論文試験用)
    ※全て、年度更新版の無償アップグレードあり

★弁理士受験生必携!『経済産業省令』等を併記し、イライラ解消の法文集です。
 ⇒無料!『読み易い♪四法条文集』
----------------------------------------------------------
☆日本ブログ村 弁理士試験(資格) 人気ランキング ☆ @2017/07/08
 第1位 弁理士試験フレーズドライ勉強法 ←←← わたしです。頑張ってます! 
 第2位 今日も重馬場~弁理士馬場信幸のブログ ←←← LEC講師の弁理士講義♪
 第3位 タコ弁の蛸壺ファイル ←←← 女性弁理士タコ先生が独立!
 第11位 H28弁理士試験初学一発合格者 ←←← 無茶?な人生から脱出なるか!?

© 2017 弁理士試験テキストのフレーズドライ・ゼミナール All rights reserved

青短『不正競争防止法』の製本版をリリースします

製本版の確認が完了しましたので、リリースいたします。
B5判、126ページのきれいな製本です。
オンデマンド印刷のため、少々高額になってしまい、済みません。
でも、勉強効率は確実にアップします。

★ 『製本直送.com』さんの「どこでも出版」システムを使用しています。
   ※ご注文完了後、3~8営業日を目処に発送されます

★電子版を購入された方は、自分で 『製本直送.com』に注文したほうが、安いです。900円弱です。
  ・電子版購入者でご希望の方には、製本用PDFファイルと発注方法案内を送付いたします
   ※Stores.jpのメールボタンから連絡ください。

★製本版を発注された方には、電子版(MS WORD)を無料で送付いたします。
 不競法は1冊なので、製本版を発注してから電子版無料入手のほうが安いです。大サービス。。。
  ※Stores.jpのメールボタンから連絡ください。  





蛇足ですが。
製本直送.comの印刷本は、だいたい130ページくらいがページ数の限界ですね。
これ以上、分厚くても発注は可能ですけど、勉強には使いにくくなります。
なお、著作権法の場合は、vol.1が88ページ、vol.2が94ページでした。合計182ページ。
不競法のジャスト1.4倍です。
著作権法は過去15年分、不競法は過去11年分の過去問を掲載しましたので、こんなものか?
なお、掲載年数の差は、論点数の差です。不競法が手抜きのわけじゃないです。

----------------------------------------------------------
★ 短答試験突破は、青短で! ★
 ⇒ テキスト一覧へ
  ①青短~短答試験・逐条解説
  ②フレーズドライ勉強法~趣旨問題記憶(論文試験用)
    ※全て、年度更新版の無償アップグレードあり

★弁理士受験生必携!『経済産業省令』等を併記し、イライラ解消の法文集です。
 ⇒無料!『読み易い♪四法条文集』
----------------------------------------------------------
☆日本ブログ村 弁理士試験(資格) 人気ランキング ☆ @2017/07/08
 第1位 弁理士試験フレーズドライ勉強法 ←←← わたしです。頑張ってます! 
 第2位 今日も重馬場~弁理士馬場信幸のブログ ←←← LEC講師の弁理士講義♪
 第3位 タコ弁の蛸壺ファイル ←←← 女性弁理士タコ先生が独立!
 第11位 H28弁理士試験初学一発合格者 ←←← 無茶?な人生から脱出なるか!?

© 2017 弁理士試験テキストのフレーズドライ・ゼミナール All rights reserved

青短『不正競争防止法』をリリースします

お待たせしました!? 青短シリーズの『不正競争防止法』です。
この1冊で、4点、いや、5点は確実と思います。

まずは無料の1冊目(の半分)をダウンロードして、品質をご確認ください。
自分でいうのもなんですけど、現役時代にこのテキストを使いたかった~

ここまできたら、条約も何とかリリースしたいと思い始めました。。。
まずは、上三法の2018年度版リリースを急ぎ、来年早々には条約も頑張る予定です。

 ⇒無料!『青短 不正競争防止法2018』
 ⇒電子版:1000円(全1冊) ※STORES.jpにて販売
 ※クレジット、PayPal、コンビニ決済が利用できます。(コンビニ決済は+200円の手数料あり)

★ 短答式筆記試験・逐条解説シリーズ ~不正競争防止法~ ★
《 著・不を制する者は、短答試験を制す 》
  短答式筆記試験は2013年度以降劇的に難化し、合格率が約10%に低下しました。2017年度試験の合格率は8.9%と、過去最低を記録しています。
一方、合格基準点は2013年度以降、39点に固定化された感があります。では、どうやって39点を確保するのか?効率的に合格するには、
特実=12点、意匠法=7点、商標法=7点、条約=5点、著不=8点 (合計39点)
くらいが適切だろうと考えています。※確実に合格するには、プラス3点の実力が欲しい
 つまり、著不で8点。できれば10点!を稼ぐことが、短答合格のポイントです。

《 条文を制する者は、短答試験を制す 》
  短答試験の勉強ポイントとして、「条文を中心に勉強する」ことが良く指摘されます。これは、頻出条文でもいろいろな角度から問題が作成されるため、過去問で問われた角度だけ覚えても対応できませんよ!という意味です。条文を全方位から、深く理解することが大切です。
ところで、短答式過去問集は必須の勉強ツールですが、条文の勉強には適していません。なぜならば、解答の解説に条文をほとんど使用していないからです。これではダメダメの勉強ツールであり、努力のパフォーマンスが上がりません。
 そこで、本青短シリーズでは、①条文ベースで各問題の枝を並べなおし、②解説はあっさりと、根拠条文を明確にして、条文を見て理解するように受験生を誘導しています。
 つまり!条文理解が高速に進むツールとしての過去問集に仕上げています。

《 不正競争防止法の勉強方法 》
不正競争防止法は、50時間以内で5点中4点以上を確保できる勉強法を採用するべきです。青単は、過去11年間(H19~H29年度)の過去問を効率的に学習できるツールです。
① TACのELEMENTSをざっと読み、全体を理解する。約70ページなので3時間コース。
② 「青短」の2つ★以上をマスターする。ただし、その条文は何回も読み、さまざまな角度から解けるように意識する。★は、過去11年間の出題頻度を示しています。
③ 余裕があれば、1つ★にも手を出す。
④ 余裕があっても、そのほかの勉強はしない。せいぜい、「逐条解説 不正競争防止法 (経済産業省)」に線引きする程度(良い資料だが、通読する必要はない)。


----------------------------------------------------------
★ 短答試験突破は、青短で! ★
 ⇒ テキスト一覧へ
  ①青短~短答試験・逐条解説
  ②フレーズドライ勉強法~趣旨問題記憶(論文試験用)
    ※全て、年度更新版の無償アップグレードあり

★弁理士受験生必携!『経済産業省令』等を併記し、イライラ解消の法文集です。
 ⇒無料!『読み易い♪四法条文集』
----------------------------------------------------------
☆日本ブログ村 弁理士試験(資格) 人気ランキング ☆ @2017/07/08
 第1位 弁理士試験フレーズドライ勉強法 ←←← わたしです。頑張ってます! 
 第2位 今日も重馬場~弁理士馬場信幸のブログ ←←← LEC講師の弁理士講義♪
 第3位 タコ弁の蛸壺ファイル ←←← 女性弁理士タコ先生が独立!
 第11位 H28弁理士試験初学一発合格者 ←←← 無茶?な人生から脱出なるか!?

© 2017 弁理士試験テキストのフレーズドライ・ゼミナール All rights reserved